会社
 
 
 
 
 ビッグバンのインターホン       

アイホン株式会社の製品を販売する事としました。アイホン社は、インターホン専業メーカーですが、それを応用したしたナースコールや向上あるいはオフィスビルの会話システムも提供しております。ビッグバンは、当面インターホンに集中して販売してまいります。

◎高層住宅用のインターホンの歴史: 
                @電話インターホンの時代高度成長期のマンションが沢山作られるようになった1970年位から暫くは、電話インターホンでした。
                A1990年後半あたりくらいから、ビデオ電話が出始めました。
                B2000年後半あたりから、ビデオ電話が開発され、ビデオ、音声、制御信号がパケット化され3芯の信号線3Prが使われるようになりました。
                C2010年になると、ビデオでん型のインターホンは、インターネットのパケット技術が採用され、ビデオ、音声、制御信号が1ペア配線で伝送される様に
                 なり、配線が簡素化され工事やメンテが楽になりました。
                D最新のインタ-ネット技術に基づくインターホンは、単なるビデオ電話としてではなく、PCネットワークとして色々な事が出来るようになりました。  
                 唯 インターホンの情報転送はペア1Pr信号線ですがインターネットは8芯のLANケーブルを使います。従って情報転送の仕組みに工夫が必要です。
                 ビッグバンはこの仕組みの経験と知識があり色々なインターホン・アプリを提供し始めました。
◎アイホン社のインターホンの歴史:高層住宅用インターホンの歴史は、アイホン社のインターホンの歴史でもあります。
   
    ◎アイホン社のインターホンの製品: 
                @ビデオ映像、音声、制御信号を独立に3Pr信号線で送る、7型画面のシリーズWISMと、Vixusがあります。サポートできる住戸数は2000戸にも及びます。
                Aビデオ映像、音声、制御信号のマルチメディアをパケット化し@ペア信号線で転送するインターネット技術に基ずくVixus1prとPATMOがあります。
                 Vixus1Prは7型画面で住戸数は最大2000までサポートする最新鋭のインターホンで、、PATMOは3.5型画面で最大125住戸をサポートし、
                 リーゾナブルな予算で導入できるものです。
                B2000年後半あたりから、ビデオ電話が開発され、ビデオ、音声、制御信号がパケット化され3芯の信号線3Prが使われるようになりました。
                C2010年になると、ビデオでん型のインターホンは、インターネットのパケット技術が採用され、ビデオ、音声、制御信号が1ペア配線で伝送される様になり、
                 配線が簡素化され工事やメンテが楽になりました。
                D最新のインタ-ネット技術に基づくインターホンは、単なるビデオ電話としてではなく、PCネットワークとして色々な事が出来るようになりました。
                 唯インターホンの情報転送は1ペア1Pr信号線ですがインターネットは8芯のLANケーブルを使います。従って情報転送の仕組みに工夫が必要です。
                 ビッグバンはこの仕組みの経験と知識があり、色々なインターホン・アプリを提供し始めました 
                

     ◎インターネット応用事例: 
                @各住戸の使用電力のチェック:インターホン配線を利用出来るので、新たなLANケーブル配線は不要で、インターネット接続できます。
                  

                Aiインターネットを利用して画像メッセージ等の情報配信が出来ます。
                 
                B 遠隔地からではなく、管理室や管理組合理事のPCからも、各住戸へ各種お知らせや、管理組合総会案内状などを出せます。